感染が拡大しやすいクラミジア

性病の中で最も患者数が多いとされているクラミジアは、クラミジア・トラコマチスと言われる細菌による感染症です。

近年では特に、10代後半から20代といった若者の感染率が高くなっています。
クラミジアの初期症状としては、男女ともほとんど自覚症状がないことが多いため、感染が拡大しやすくなっています。

クラミジアは、感染者との粘液同士の接触や、精液、膣液分泌を介して感染します。
そのため、通常の性交渉による性器はもちろんのこと、オーラルセックスによって咽頭が感染することもあります。

また、妊婦の方が感染している場合には、胎児に影響する可能性もあります。
クラミジアの主な症状としては、男性の場合、尿道が感染することが多く、尿道炎や精巣上体炎のような症状を発症することが多いです。

軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感などが起こることがあります。また、尿道からサラッとした膿が出ることがありますが、量は少なめです。ただ、感染しても症状が出ないことが多いため、気づかず放置することが多いです。そのまま放置することによって、前立腺炎や血精液症などの病気を引き起こすこともあります。

女性の場合は、子宮頸管に感染することが多く、子宮頸管炎の症状を発症することが多いです。おりものの増加や、不正出血、下腹部の痛みや性交渉時の痛みなどの症状が起こります。

女性も、半数以上の人が症状を感じないと言われており、そのまま放置してしまう人が多いようです。治療せずにそのまま放置することによって、卵管炎を引き起こし、子宮外妊娠や不妊症などの原因にもつながります。また、女性の場合、感染したまま妊娠すると、母子感染により胎児にも影響を与えてしまいます。

クラミジアは、放置することによって様々な病気を引き起こしてしまうため、できるだけ早く感染したことを知り、治療することが大切です。検査も、男性は尿で、女性は子宮頸管からの分泌物で簡単に検査できますので、少しでも不安に感じた時にはすぐに調べることが大切です。病院に行きづらい場合は、自宅でできる検査キットを利用すると便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ