病院に行きづらい人の為の性病検査キット

自分が性病になったかなというのは、見た目の変化や症状などで、ある程度把握できます。
しかし本当に性病になったか、どんな種類の性病かという点は、はっきりと分かりません。

はっきり言って性病の治療は、病院に行きたいのはやまやまだけど、行きづらく感じることも事実です。病院に行けないで悶々と過ごしているうちに、性病が悪化してしまうことは充分に考えうることです。

性病を受けたいけど病院に行きたくない、そんな人のために検査キットが存在します。
検査キットは、専門の性病科・泌尿器科の病院や検査機関が、インターネットで販売しているものです。

1~2種類だけの性病検査から、多くの種類の性病検査を可能とするキットまで様々です。
カンジダ、淋病、梅毒、クラミジア、HIVなど、ほとんどの種類の性病に対応しています。
値段は最も安いもので1種類3千円台から、複数種類検査で数万円するものまであります。

検査の際、1種類だけの検査だと、本当に自分がかかっている性病が何なのか、把握できないことがあります。その場合、1種類の検査が終わったら、今度は次の検査キットを買い求める必要が出てきます。

自分の性病にたどり着くまで、時間と回数が必要になり、あまり効率的ではありませんが、価格を低く抑えられるメリットもあります。だから複数種類の検査がまとめてできる複合キットのほうが、短期間で自分が性病かどうか知ることができます。

検査キットを使った性病検査の場合、人に知られずに密かに検査を受けられるのも魅力です。
病院に行くと、特に女性の場合にはどうしても、ひと目が気になってしまうものです。

検査キットを使うならば、送り届けられた専用器具を使い、自室で血液や唾液を採取し、病院や検査機関に送付するだけです。あとは気長に、結果を待っていれば良いということになります。

性病検査キットはいろいろ販売いるので、いろいろ比較して自分にあったキットを選びましょう。おすすめはこちら性病検査キット徹底比較サイト!迷わない安心の検査キット

性病であると判明し、その性病の種類が分かったら、病院で治療するか、薬を取り寄せて治療することが賢明です。

淋病は馴染は薄くとも感染者が多い病気

エイズ、クラミジアなどは名前も良く聞きますので、怖いものだなと思っている人も多いでしょう。一方淋病は何となく耳には新しい名前です。
ですが感染者はかなり多いモノで日本では一時減少した物のまた増えて来てしまっている現状があります。

淋病は菌でなる病気ですが、菌自体の力はそれほど強くありません。
なので感染する場合は直接的な接触がかなり多くなっています。
それでもタオルなどを媒介にして感染する事もあるので油断は禁物でしょう。
性交渉や母子感染が多い事が確認されています。

男性に多いのですが、症状が出やすいからそう言われているとの側面もあるので女性でもなっている人は多いでしょう。

尿道やのど、肛門などに症状が出るので痒みに近い耐え難い感覚があります。
性アクションに活発な若い人が感染者の中心になっている事から、やはり性交渉での伝播が問題です。

症状は人それぞれですが感染から数日で異常が出る人や、一カ月以上経ってから出る人も居ます。陰部が腫れ上がってしまったり、かなり重症化する事もあり得ます。

女性の場合は症状自体も緩い傾向がありまして、キッチリ感染していても全く平気だったりする場合もあって、男女では差があるのが淋病です。

ですが、性病は重症化した時の問題が付き纏い、それは淋病も例外ではありません。
全く症状が無い所から重症化して、気が付くのが相当困難だったりします。

ただし重症化した時はほぼ例外なく腰やお腹の痛みが伴うので、可能性としては知って置いた方が良いですね。

無精子症や不妊症に繋がる可能性は否定できません。
それだけでは無く、体の至る所にある関節や血液などにも範囲を広げる事もあって、名前以上に怖い病気です。

実際に淋病に罹った人でなければ知らないような病気ではありますが、これから先に気を付けなければ増えて行ってしまう事が予想されます。

確率で言えば自分のパートナーがそうではない、また自分がそうではない保証はないので他の性感染症も含めて異常が出るならすぐに対処したほうが良いでしょう。

風邪のように放っておけば治るとは限りませんし、ましてや誰かに移してしまっては困り者です。

感染が拡大しやすいクラミジア

性病の中で最も患者数が多いとされているクラミジアは、クラミジア・トラコマチスと言われる細菌による感染症です。

近年では特に、10代後半から20代といった若者の感染率が高くなっています。
クラミジアの初期症状としては、男女ともほとんど自覚症状がないことが多いため、感染が拡大しやすくなっています。

クラミジアは、感染者との粘液同士の接触や、精液、膣液分泌を介して感染します。
そのため、通常の性交渉による性器はもちろんのこと、オーラルセックスによって咽頭が感染することもあります。

また、妊婦の方が感染している場合には、胎児に影響する可能性もあります。
クラミジアの主な症状としては、男性の場合、尿道が感染することが多く、尿道炎や精巣上体炎のような症状を発症することが多いです。

軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感などが起こることがあります。また、尿道からサラッとした膿が出ることがありますが、量は少なめです。ただ、感染しても症状が出ないことが多いため、気づかず放置することが多いです。そのまま放置することによって、前立腺炎や血精液症などの病気を引き起こすこともあります。

女性の場合は、子宮頸管に感染することが多く、子宮頸管炎の症状を発症することが多いです。おりものの増加や、不正出血、下腹部の痛みや性交渉時の痛みなどの症状が起こります。

女性も、半数以上の人が症状を感じないと言われており、そのまま放置してしまう人が多いようです。治療せずにそのまま放置することによって、卵管炎を引き起こし、子宮外妊娠や不妊症などの原因にもつながります。また、女性の場合、感染したまま妊娠すると、母子感染により胎児にも影響を与えてしまいます。

クラミジアは、放置することによって様々な病気を引き起こしてしまうため、できるだけ早く感染したことを知り、治療することが大切です。検査も、男性は尿で、女性は子宮頸管からの分泌物で簡単に検査できますので、少しでも不安に感じた時にはすぐに調べることが大切です。病院に行きづらい場合は、自宅でできる検査キットを利用すると便利です。

HIV検査ってどこでどんな事をするの?

HIV検査を受けたいと思ったら、まずどこで検査を受けるのかを決める必要があります。
HIV検査は、病院の場合は女性なら産婦人科で男性なら泌尿器科で受けることになるのが一般的です。
病院でHIV検査を受ける場合、保険の適用外となり検査費用は自費となります。
一方保健所では検査費用は無料で、匿名で検査を受ける事が可能です。

ただし保健所の場合、検査を行っている日程が決まっているので、病院でHIV検査を受けた方が仕事など自分のスケジュールにあわせやすいかもしれません。
病院では検査費用が自費になると言いましたが、検査の種類にもよるものの、多くの機関で取り入れられているHIV抗体検査では3000円前後で受けられる所が多くなっています。

HIVの検査方法は、全て血液検査となりますが、HIVは感染してから直ぐには陽性反応が出ません。HIV抗体検査なら感染から3ヶ月、抗原検査では1ヶ月、1番早いNAT検査でも2週間程度は時間が必要となります。
ですから、HIV検査をするなら思い当たる行為からある程度の時間をおかなければいけません。

HIV検査では、始めにスクリーニング検査という陽性の可能性がある人を古いにかける検査が行われます。スクリーニング検査で陽性となった場合でも、実際は陰性である可能性があり、この段階では偽陽性という事になります。
偽陽性の場合、更に確認検査を行うのでしが、この結果が出るまでに1週間から2週間の時間が掛かります。

もし確認検査で陽性という結果が出てしまった場合でも、決して必要以上に悲観的になる必要はありません。今では、HIVに効果的な薬があり早めに治療を開始することで十分に今までの生活を維持することが可能なのです。

そのためにも、まず病院や保健所でHIV検査を行わなければいけないのです。
HIV検査は、1時間足らずで終わる検査ですから、忙しい現代人でも十分に受けることが出来るはずです。
自分の未来のためにも、そしてパートナーのためにも病院でも保健所でも構いませんから、是非HIV検査を受けてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ